道の駅くりもと

農産物直売所

物産直売所

朝どりの野菜・ぶどう・梨・いちごなどの果実、栗源産豚肉、加工品などを地元の農家が直接持ち込んでいます新鮮さがウり。

ベニコマチとは?

栗源の焼きいもが格別に美味しいワケ
〜それは、レアな品種「ベニコマチ」を使っていることです〜

ベニコマチ

栗源地域は、開拓者が入植し切り開いた「開墾地」が多く、やせた土地でも育つサツマイモの栽培が盛んに行われてきました。
昭和初期の品種は、「金時」や「高系」が主流でしたが、昭和43年に千葉県農業改良普及所から新品種の「紅小町」が栗源町に持ち込まれ高木さん(受所地区)などの畑で試験栽培が始まりました。
収穫したベニコマチは、見た目が鮮やかな紅色。ホクホクした食感で、筋っぽさが無く「焼き芋にすると絶品!」と評価を得ました。以来、栗源町の農家による栽培がはじまり生産量が増え、栗源はいつしか「ベニコマチの里」と呼ばれるようになりました。
ベニコマチ しかし、ベニコマチは栽培が難しい品種です。「つるわれ病」にかかりやすいうえに、曲がりやすく細長くなりやすい性質なので、市場に出すまでには相当な苦労が必要でした。これに対し、昭和53年ごろ登場した「ベニアズマ」は病気にかかりにくく、収量も多かったので栽培農家の人気を集め、ベニコマチの生産量は極端に減ってしまいました。ただ、サツマイモとしての評価は高かったため、当時、栗源町としても品種改良や栽培技術の向上を図り、ベニコマチを守ってきました。昭和61年に「ふるさといも祭」がスタートし、「日本一の焼きいも広場」とともにベニコマチの名は全国区となりました。平成5年には「紅小町研究会」が発足し、さらに平成14年に道の駅くりもとがオープンしPR活動を展開。香取地域の主力ブランドの一つとなりました。現在では、栗源地域のサツマイモの生産量のうち、ベニコマチは約2〜3%となっています。


全国に多くのファンを獲得したベニコマチ!
あなたは、どの食べ方が好き?

天婦羅派
天婦羅に…ベニコマチを使うこだわりの高級料亭があるらしい。
焼きいも派
石焼イモに…ベニコマチを使うこだわりの石焼イモ屋さんのもいるとか
蒸かしイモ派
蒸かしイモに…家庭でも簡単に出来ます。「栗源のふるさといも祭」では、毎回、巨大せいろによる蒸かしイモを来場者にふるまっています。そのお味は、格別!
スイーツ派
スイーツに…スイートポテトや大学芋、茶巾しぼりなど。都内では、ベニコマチを素材にこだわった絶品スイーツを作っているお菓子屋さんがあるらしい。

「肥沃な北総台地ですくすくと育つベニコマチ」
「肥沃な北総台地ですくすくと育つベニコマチ」

〜小さな産地〜

☆場所は…
 千葉県北総台地のほぼ中央にある香取市栗源地区
 自然環境に恵まれた台地は、フランス、パリ郊外のフォンテーヌブローの森に来たようだという人も。
☆畑は…
 火山灰土、関東ローム層、水はけの良い台地の土壌。
☆ベニコマチは栄養豊富
 食物繊維をはじめビタミンC、B群が豊富。特にビタミンCは、りんごの10倍も含まれています。
 食物繊維は便秘の改善・予防に効果的。便秘が改善されるとニキビや吹き出物が少なくなります。
 切ると白い液体が出ます。これは「ヤラピン」という栄養成分で、腸の働きを整える整腸効果があります。
 効果:肌のメラニン色素が減り肌のハリも良くなります。同時に老化やガンの予防効果も期待できます。

ページの先頭へ戻る↑